>

事業所による利用方法や価格の違い

このコラムをシェアする

価格の差の理由

レンタルオフィスは、安ければ良いということにはならず、安いということはそれなりに理由があることが多いでしょう。
格安のものは登記ができないこともあります。
ビルのオーナーからフロアーを借りているレンタルオフィスの場合はオーナーが登記を避けるケースもあります。
立地が良いというのは高級感だけでなく交通アクセスの良さもあります。
また常に受付がいて電話取次などしてもらえるという場合は、やはり料金が高くなります。
オフィスが個室かブースタイプかシェアータイプかによっても価格が大きく違いますから職種によって選ぶことが大事です。
自分の事業に最も大事な要素から選び不要なものにはお金をかけないことでレンタルオフィスを賢く利用しましょう。

バーチャルオフィス

レンタルオフィスとバーチャルオフィスを混同している場合もありますが、一般的解釈としては、それぞれに違いがあります。
バーチャルオフィスは実体がないものです。
住所を借りるだけなので、荷物の受け渡しは可能ですが事務所となるスペースはありません。
特別なイベントのみ個室を借りることはできる場合もあるようですが基本的に違います。
ですがバーチャルオフィスも法人登記は可能です。
同じ住所での法人登記ができないので調べる必要はあります。
コワーキングスペースとは時間制であったりコティ釣り用もできることもありますが、オプションであったりもします。
バーチャルオフィス同様に法人登記も可能ですが一部法人登記を認めていないという場合もあります。
法人登記ではスペース利用料金以外に別途住所利用の料金が必要となるケースが多いでしょう。